立坑マンホール築造工事

立坑マンホール築造工事

MMホール・鋼製ケーシング圧入の
2種類を備えた工事方法

ケーシング(パイプ)を揺動回転装置により、反復回転させながら油圧ジャッキで地盤に圧入した後、ケーシング内所定の深さまで掘削した後に、底版コンクリートを打設して立坑を構築する工法です。

立坑マンホール築造工事

各工法詳細

マンホール(MMホール)工事とは

MMホール工法は回転力により刃先を地盤に圧入させ内部の土砂を掘削、排出しながら所定の深さまで圧入させる立坑兼用マンホール築造工法です。
地山に直接マンホールの躯体を圧入する工法ですので、別途土留めが必要なく、土留材の引き抜きや切断なども必要ありません。そのため工期の短縮もでき、経済的にも優れています。

鋼製ケーシング圧入工事とは

鋼製ケーシング圧入工法は鋼製円筒形ケーシングを内部掘削しながら圧入させて立坑を構築します。特徴は強力な回転圧入力でケーシングを圧入するため工期が短く、硬質土・岩盤にも対応でき、全周回転式のためケーシングの軸芯がずれず、垂直精度に優れています。
軸芯がずれないため周辺地盤の変異がほとんどなく、地下埋設物や家屋への近接施工が可能です。

最新施工実例

推進工事

2021.02.23

稲沢市

基幹管路耐震工事(283号)

基幹管路耐震工事(283号)

泥濃推進 エスエスモールφ800

管更生工事

2021.01.27

名古屋市

名東区名東本通2丁目付近下水道改築工事

名東区名東本通2丁目付近下水道改築工事

自立管工法によるパルテムSZ工法

推進工事

2020.12.15

大垣市 河間地内

ハイブリッドモール工法

ハイブリッドモール工法

大垣市内推進工事