法面・地すべり対策工事

法面・地すべり対策工事

求められる土地、法面に対して
有効な工法をご提案

グラウンドアンカー工法とは、法面(斜面)に対して、杭を打ち込み、切土斜面を安定させる工法です。
近年、様々な地形やニーズに対応するために、多種多様な工法が開発・確立されました。
地建興業でも、幅広い工法を採用しており、求められる土地、法面に対して有効な工法をご提案することを可能としています。
また、斜面や山岳部などの傾斜地帯・地盤に問題がある区域などから建築物を支え守る技術としても注目されており、建築の分野でも幅広く活躍している技術です。

立坑マンホール築造工事

各工法詳細

永久アンカー

材料的にも構造的にも長期にわたり耐久性を保持する技術が確立されたため、実現可能となった工法です。
斜面の崩壊防止はもちろんのこと、地震や風圧による高層ビルや鉄塔の転倒防止など、幅広い用途で使用されています。
信頼性の高い、腐食防止技術の確立よりご提案できるようになった、次世代型の工法です。

ケーソン圧入用反力アンカー

地中に打込んだ圧入反力用アンカーに反力を取り、グリッパーロッドを介して油圧ジャッキに伝達し、刃先抵抗と周面摩擦力に打ち勝って、ケーソンを沈設する工法です。
近年、掘削パターンとジャッキコントロールの技術が向上し、時代の要請にマッチした工法として広い需要にお応え出来ます。

仮設アンカー

将来の土木・建築工事の障害にならないよう、また地権などとの関係で、使用後のアンカー体の撤去を必要とする場合があります。
仮設アンカーはそのような場合に用いられる補助工法で、建築工事などにも利用されています。
地建興業では、除去アンカー装備も充実しておりますので、安全・安心に仮設アンカーの設置から撤去までの一元管理を可能としております。

パンウォール工法

急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。
補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用し、急勾配(垂直~5分)化により自然法面を可能な限り残す、逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

グランドアンカー

グランドアンカー

建築の現場からも信頼されている工法です

斜面などや地滑りの危険がある場所に建築物を置く際、または現在そのような場所に建築物があり、倒壊や地滑りなどを防ぐために地盤をより強固なものへする場合など、多くの建築の分野でも、基礎工事にグランドアンカー工事をご用命戴く場合がございます。
法面に対しての工事以外も柔軟に対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

最新施工実例

推進工事

2021.02.23

稲沢市

基幹管路耐震工事(283号)

基幹管路耐震工事(283号)

泥濃推進 エスエスモールφ800

管更生工事

2021.01.27

名古屋市

名東区名東本通2丁目付近下水道改築工事

名東区名東本通2丁目付近下水道改築工事

自立管工法によるパルテムSZ工法

推進工事

2020.12.15

大垣市 河間地内

ハイブリッドモール工法

ハイブリッドモール工法

大垣市内推進工事